銚子電気鉄道株式会社

Time table Fare Free pass Access Guide Choden shop
銚子電鉄

奇跡のぬれ煎餅 ~小さな煎餅が銚子電鉄を救った~

奇跡のぬれ煎餅 ~小さな煎餅が銚子電鉄を救った~
The Miracle of Nuresembe - the wet rice cracker that saved Choshi Dentetsu.


銚子電鉄は千葉県最東端の銚子市を走る、全長僅か6.4km の小さな私鉄です。
そんな鉄道会社が販売している「ぬれ煎餅が起こした奇跡の実話」をご紹介させていただきます。
Choshi Dentetsu is a private railroad company operating in Choshi City, at the easternmost tip of Chiba prefecture, Japan. The rail line has only 6.4km in total length. This is the story of how nuresenbei (wet rice crackers, a chewy moist rice cracker flavored with soy sauce) was able to save Choshi Dentetsu.


銚子電鉄は過疎化による人口減少や、観光客の減少により年々乗客数が減り、行政からの補助金で何とか運行を維持している状態でした。
昭和30 年代に年間250 万人以上いた乗客は、平成に入ると100万人を切り、いつ廃線になるかと不安を抱えながら仕事をしていました。
Due to a decline in the local population and number of tourists, the number of passengers on Choshi Dentetsu was decreasing year by year. Choshi Dentetsu was just getting by with a subsidy from the local government. In the 1950s, there were over 2.5 million passengers yearly but by the 1990s that number had dropped below 1 million. We were working under the fear of having to shut down the rail line.


平成18年、恐れていたことが現実に変わりました。
当時の社長に横領が発覚。その額は1億円を超え、すでに行政からの補助金は打ち切りになっており、倒産の危機が目の前に迫ってきました。
“Then in 2006 what we feared came to happen. It was revealed that the president at the time had embezzled over 100 million yen. Our government subsidy had already expired and we were facing bankruptcy.


しかも、時を同じくして国土交通省の監査が入り、老朽化した線路や踏切の改善・修理の命令も出されました。3カ月以内に線路・踏切などの改修をしなければ運行停止。それには約5,000万円もの費用が必要で、会社にとってこれは“死刑宣告”とでも言うべきものでした。
To make matters worse, after an inspection by The Ministry of Transportation, we were required to improve and repair our aging railroad tracks and crossings. Our operations would be suspended if the repairs and improvements were not done within 3 months. It would cost 50 million yen, which amounted to a death sentence for the company.


そのうえ車両の法定検査(自動車の車検のようなもの)が1ヶ月後に迫り、費用は1,000万円。これら多額の費用は月間運賃収入が900万円の赤字会社がとても確保できる額ではありません。社員の給料さえも全額払えない状況で、この時の通帳残高は僅かに200万円。銀行からの追加融資も元社長の横領問題で望めず、会社存続は絶望的な状況でした。
Even further, our train cars were due for inspection (similar to automobile inspections) in a month, costing another 10 million yen. It was nearly impossible to meet these expenses with a company in deficit making only 9 million yen per month in passenger fares. We were not able to pay our employees’ salaries and I recall our remaining balance was only 2 million yen. With our embezzlement issue, there was no chance of getting a loan from a bank. The company was desperate to survive.


それでも何とかしなければならない…
出来る事といえば、数年前より製造・販売を開始した副業の「ぬれ煎餅」を売ることだけでした。
But we had to do something. All we could do was to sell the nuresembei that we had started making and marketing a few years earlier as a side project.


電車を走らせる為に、「買って下さい、買って下さい。」来る日も来る日も必死になって売り歩きましたが、そう簡単に売れるものではありません。現実の厳しさを思い知らされました。
「本当にこんなことに意味があるのか?」「私達が思うほどに銚子電鉄は必要とされてないのか?」
そんな思いが頭をよぎり、やる気を失いかけていました。
In order to keep our trains running we desperately peddled our nuresenbei,  calling out “Please buy these. Please buy these.” But of course it wasn’t that easy. We soon had to face the harsh reality.
“Is there really any point in doing this?” “Do people even need Choshi Dentetsu?” Such thoughts flashed through our minds and we were starting to lose morale.


もうダメかと諦めかけていたある日の朝、パソコンを開くと、膨大な数のメールが2,000…3,000件…!
「ぬれ煎餅」のご注文が今までに見たことがないようなペースで入り続けていました。
一瞬、わが目を疑いました。一体これはどういうことなのだろう…?
Just when we were about ready to give up, one morning when we looked at our email, there were 2000 or 3000 emails. Orders for nuresenbei started coming in at a pace we had never seen before. We couldn’t believe our eyes. What was going on here?


実は3日前の夜、「もはや残された時間はあと数日、このままでは完全に資金ショートを起こしてしまう。何かしなければ。」・・そう思った時にふと思いついたのが、インターネットでぬれ煎餅の購入を呼びかけることでした。
In fact, three days previously, we decided that to avoid completely running out of funds we had to do something, and began selling nuresenbei over the internet.


「ぬれ煎餅を買って下さい。電車修理代を稼がなくちゃいけないんです。」
という言葉が自然と頭に浮かび、思わずホームページに書き込みをしたのです。
The phrase came to mind  “Please buy our nuresenbei. We need money to repair our trains” and without thinking I wrote it on our website.


この書き込みを見た多くの人がインターネットの掲示板やブログ(日記)などで、「ぬれ煎餅の購入」を呼び掛けてくれたためでした。
そのメッセージに10日間で10,000人以上のお客様が共感してくれたのです。
Many people who saw our message shared it on their blogs and message boards inviting other people to pitch in and help. Within ten days of our message, we were overwhelmed with the warm response and received over 10,000 orders.


その後テレビなどにも取り上げられ、ぬれ煎餅は爆発的な売上げを記録しました。
この売上げにより「車輌の法定検査」や「老朽化施設の改修」などの費用を賄うことができました。
これはまさに思いもよらぬ「奇跡」でした。
After this, we were featured in television programs and our sales exploded to record levels. Through the proceeds we were able to cover the inspection fees and perform the train line maintenance. Completely unexpected, without a doubt this was a miracle.


そして、ご注文をいただいた多くのお客様からメッセージが添えられていました。
「年金生活なので、これが精一杯の買い物でした。ごめんなさい…。」
「彼女との初デートに銚子電鉄を利用しました。その時、僕が緊張しているのを見た車掌さんが話しかけてくれ、二人を和ませてくれました。その時の彼女は、今僕の妻です。子供も二人できました。僕達を結びつけた銚子電鉄、あの時の優しい車掌さん、今度は僕が助ける番です。」
「子供達がお金を出し合いお煎餅を注文しました。銚子電鉄がんばれ!」
「私が小さい頃、去年亡くなった母と銚子電鉄に乗った大変楽しい思い出があります。優しかった母との思い出の一部がなくなってしまうのは悲しいです。絶対に守ってください。ずっと応援します。」
Many of our orders included messages from the customers.
“We are sorry we can only buy this much since we’re living on a fixed income..”
“My girlfriend and I rode Choshi Dentetsu on our first date. Seeing me all nervous, the train operator talked to us and loosened me up. That girlfriend is now my wife. We have two kids together. Now it’s my turn to help.”
“Our children pitched in their own money to order nuresembei. We are with you!”
“I have fond childhood memories of riding Choshi Dentetsu with my mother. She passed away last year and it would be a shame if those memories disappeared. Please don’t give up. You’ll always have our support.”


メッセージを読んでいると涙が溢れてきました。「ありがとうございます。ありがとうございます。」ただ感謝の言葉しか思い浮かびませんでした。
Reading messages like this made tears well up in my eyes. All I could think to say was “Thank you. Thank you. Thank you.”


私は「苦しいときに助けを求めることは、恥ずかしいことではない」ということを学びました。
あの時、ホームページにぬれ煎餅の購入を呼びかけて本当に良かったと思っています。もし呼びかけていなければ、もう銚子電鉄は確実に廃線となっていたことでしょう。
また、このような奇跡が起きることもありませんでしたし、お客様の温かい気持ちを知る機会もなかったと思います。
I’ve learned an important lesson. When you are in need, there’s no shame in asking for help. I am so glad I put that message up on our website asking people to buy our nuresenbei. If I hadn’t, Choshi Dentetsu would have gone out of business by now. The miracle would never have happened and we would never have known how much our customers care about us.


そして今は「多くの人からいただいた温かい想いを、自分達がどれだけ返せるか!」「人のためになれるか!」「このご恩は返さなければいけない!」と強く思っています。
だから、私達は電車を走らせ続け、「電車に乗って楽しかった」と思って頂けるように、そして「このぬれ煎餅を食べた人が美味しかった」と、一時でも幸せになれるように、これからも全力を尽くします。
And now, we ask ourselves “How can we return the kindness that so many people have shown us? Is there some way we could be of help to someone? We have to find some way to repay this debt of gratitude.” Therefore, we will keep our trains running and hope in some way to repay people by giving some small happiness whether it be “It was fun riding the train.” or “The nuresembei was delicious.”


また、この話を読んでいただいたお客様が、「人の心の温かさ」や「諦めない気持ち」、「困った時は素直に助けを求める」など、現代社会の人達が忘れかけたものを思い出し「人と人との温かいつながり」が増えるきっかけになれたら嬉しいです。
And for you who have taken a moment to read this article, I would be grateful if it helps you remember things often forgotten in modern society: the importance of human kindness, never giving up, and asking for help in times of need. And I hope it serves as a chance to increase the bonds of warmth between people.


今でもぬれ煎餅をご購入していただいたお客様から「電車大丈夫?」と心配されたり、「電車運行がんばって!」と激励を受けたりしています。お客様に恵まれ本当に幸せです。
Even now, our customers often ask us “Is the railway doing alright?” or encourage us by saying “We are with you!” We are blessed to have such great customers.


これからも、様々な問題がおこるかもしれませんが、従業員一丸となって頑張っていきます。
We may face further difficulties in the future but everyone here at Choshi Dentetsu are determined to work together as a team and overcome any new challenges.


銚子電気鉄道株式会社 専務取締役 山﨑勝哉(当時 経理課長)
Katsuya Yamazaki, Managing Director (chief accountant at the time) of Chōshi Electric Railway Co., Ltd.

営業時間・料金

料金 <ぬれ煎餅 手焼き体験 10:00~16:00>


【銚子電鉄 犬吠駅】
300円(8/1より)で手焼き2枚ができます。

【銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)】
300円(8/1より)(2枚)で煎餅生地を購入。
焼きたての煎餅に、お好きなタレやパウダーをかけてお召し上がり下さい。

<ぬれ煎餅 焼きたて販売 10:00~16:00>


犬吠駅では毎日、煎餅を手焼きしています。焼きたて煎餅は1枚86円でご賞味いただけます。

<ぬれ煎餅 のご購入は・・・>
銚子電鉄 仲ノ町駅、笠上黒生駅、犬吠駅
銚子電鉄 ぬれ煎餅駅(お土産売店)
銚子電鉄オンラインショップ

銚子電鉄オンラインショップ 奇跡のぬれ煎餅のご購入はこちら

交通・アクセス

交通・アクセス
犬吠駅 ぬれ煎餅駅

 

サービス・その他